EMU WAKASUGI OFFICIAL SITE

BLOG

活動報告

2021.11.11 (Thu)

2021日本選手権・日本U19/U23トライアスロン選手権が開催されました。



こんにちは。


若杉恵夢オフィシャルサイトへ
ご訪問いただきありがとうございます。


————————


先日の学生選手権に続いて
以下の大会が開催されて
日本体育大学トライアスロン部からは
「全7名」が出場いたしました。


・日本選手権(U23選手権含む)
・日本U19選手権


日本選手権と言えば「お台場」ですが
今年は様々な事情が重なり
宮崎県シーガイヤにて開催されました。





コロナ禍で厳しい状況の下
大会開催に向けてご尽力いただきました
大会関係者・ボランティアの皆さま
多くの方たちに心より感謝いたします。


————————


結果は以下の通りです。


【日本選手権】


▼男子
13位 甲斐 瑠夏(4年)
19位 福島 旺(2年)
22位 小川 颯斗(4年)
DNF 花岡 秀吾(3年)


▼女子
14位 池口 いずみ(3年)


【日本U19選手権】


▼男子
4位 大谷 友哉(1年)
6位 本木 颯人(1年)


————————


前週に二日連続(更に低気温)で
レースを行っていたこともあり
コンディションを整えるのに
苦労したのでは!?という姿でした。
※私は眼の治療中の為、
ライブ配信にて観戦いたしました。







総合順位(各パート)だけ見ると
厳しい戦いだったようにも感じますが
個々で感想を聞く限り
今後の「課題・目的」が明確となり
収穫の多いレースになったでしょう。


————————


”日本一を決める舞台”


在学時(4年時)日本選手権にて
優勝した卒業生も過去に存在いたします。






学生界で日本一のチームだからこそ
国内のプロアスリートたちと
張り合うような姿を期待したいです。


————————


現在の部活動は
毎年恒例の「3週間OFF」です。


心身共にリフレッシュすることが
最大の目的であり
基本的にはゆっくりと過ごします。


日頃から練習時間も長く
目に見えないストレスも大きいのが
トライアスロン競技の特徴です。


充実した冬季シーズンを過ごす為には
「OFF期間」は必要不可欠だと考えます。


また・・・


ON・OFFの切り替えが
器用にできる選手こそ
高い競技成績を持っているでしょう。


11月16日より再び再始動です。


しばらくレースは控えておりませんが
応援の程、よろしくお願いいたします。


————————


以下の「サイト・SNS」では
日本体育大学トライアスロン部の
活動などを定期的に発信しております。


公式サイト(Blog)
公式インスタグラム


公式インスタグラムでは
DMなども受け付けております。


ご興味・ご相談などあれば
どうぞお気軽にお問い合わせください。


————————


ご精読ありがとうございました。


それでは
次回のブログでお会いしましょう。








NEW POSTS

  • 2022.12.03 (Sat)

    2022湘南ひらつか駅伝を開催いたしました。

  • 2022.11.21 (Mon)

    第2回 湘南ベルマーレALL OUT RUN チャレンジ2022を開催いたします。

  • 2022.11.11 (Fri)

    幼少期のトライアスロンから学ぶ「状況判断力」とは・・・