EMU WAKASUGI OFFICIAL SITE

BLOG

活動報告

2021.11.01 (Mon)

全学生レースアベック優勝を達成することができました。



こんにちは。


若杉恵夢オフィシャルサイトへ
ご訪問いただきありがとうございます。


————————


ご報告が遅れてしまいましたが
今シーズンの集大成となる
以下の2大会が開催されました。


・日本学生選手権日本学生(10/16)
・日本学生スプリント選手権(10/17)


“全学生レースアベック優勝”
チームの最大目標として
主将の甲斐、副主将の藤部を中心に
昨年度から取り組んできました。




以前からお伝えしているように
今年度のトライアスロン部は
「創部以来、過去最強レベル」です。
全員が強い気持ちを持って挑みました。


コロナ禍で厳しい状況の下
大会開催に向けてご尽力いただきました
大会関係者・ボランティアの皆さま
多くの方たちに心より感謝いたします。


————————


結果(上位入賞者)は以下の通りです。


【日本学生選手権】


▼個人男子
優勝 小川 颯斗(4年)
2位 花岡 秀吾(3年)
5位 甲斐 瑠夏(4年)
8位 藤部 武文(4年)


▼団体男子
優勝





▼個人女子
2位 池口 いずみ(3年)


▼団体女子
優勝





【日本学生スプリント選手権】


▼個人男子
2位 福島 旺(2年)
3位 大谷 友哉(1年)
4位 本多 晴飛(3年)


▼団体男子
優勝





▼個人女子
優勝 池口 いずみ(3年)


▼団体女子
優勝





————————


当日は生憎の天気となりましたが
一人ひとりが素晴らしい
パフォーマンスを発揮してくれました。




この結果・・・


先日の関東学生選手権での優勝を合わせて
「全学生レースアベック優勝」
を見事に成し遂げることができました。


これは・・・


日本学生トライアスロン界史上初となる
本当に素晴らしい快挙であり
歴史に名を刻む結果となりました。




“最高で最強のチーム”
選手・マネージャー・スタッフ
全員で掴み取った結果です。


目標に向けてコツコツと取り組み
結果へ結び付けられたことは
学生たちにとって
大きな自信に繋がったと思います。




自信だけではなく
「人間性・社会性」も向上したでしょう。


~~~~~


ここまでチームを引っ張ってくれた
4年生には感謝の気持ちでいっぱいです。




コロナ禍で厳しい状況が続くだけでなく
どんなことが起ころうと
一切弱音を吐くことなく
後輩たちを引っ張ってくれました。


最上級生として
本当にお疲れさまでした。




また、保護者の皆さまはもちろん
日体大関係者(OB・OG・歴代スタッフ)
日頃から本当に沢山の方々から
ご支援をいただき掴み取った結果です。


本当にありがとうございました。


————————


最高の結果を残しましたが
ここで終わらないのが日体大の強さです。




とにかく選手層が厚く
来年度以降も優秀な成績が期待できます。


今後も楽しみなチームです。




今後も日々精神して参りますので
応援のほど、よろしくお願いいたします。


————————


以下の「サイト・SNS」では
日本体育大学トライアスロン部の
活動などを定期的に発信しております。


公式サイト(Blog)
公式インスタグラム


公式インスタグラムでは
DMなども受け付けております。


ご興味・ご相談などあれば
どうぞお気軽にお問い合わせください。


————————


ご精読ありがとうございました。


それでは
次回のブログでお会いしましょう。





NEW POSTS

  • 2022.12.03 (Sat)

    2022湘南ひらつか駅伝を開催いたしました。

  • 2022.11.21 (Mon)

    第2回 湘南ベルマーレALL OUT RUN チャレンジ2022を開催いたします。

  • 2022.11.11 (Fri)

    幼少期のトライアスロンから学ぶ「状況判断力」とは・・・