EMU WAKASUGI OFFICIAL SITE

BLOG

スクール紹介

2024.04.21 (Sun)

春の運動会シーズンとなりました。



こんにちは。


若杉恵夢オフィシャルサイト
ご訪問いただきありがとうございます。


————————


”成長過程に合わせた
指導の重要性を理解できていますか”


皆さん、ご存知だと思いますが
子供(小学生)の体力や運動能力が
著しく成長する時期が存在いたします。


①「プレ・ゴールデンエイジ」
具体的には「5〜8歳」の期間。
主に神経回路の発達が盛んであり
脳で様々なことを記憶する時期です。




フリスビーも練習の一つ。
固定概念に縛られることなく
子供たちが楽しめる環境が大切でしょう。



②「ゴールデンエイジ」
具体的には「9〜12歳」の期間。
プレ・ゴールデンエイジの延長線であり
複雑な「動作・技術」などを
短期間で正確に習得できる時期です。





ゲーム要素を交えながら
感情を引き出すことも指導力の一つです。


————————


上記の期間(黄金の成長期)にて
積極的に身体を動かすことは
「神経・関節・筋肉」が刺激されて
本格的に筋力が付き始める
高校生以降の成長(=可能性)にも
大きく影響すると言われております。


その他にも・・・


☑︎目で動作(見本)を見る
☑︎脳で物事を判断する
☑︎実際に身体を動かしてみる


様々な神経回路を記憶することで
スポーツにおける「成長曲線」が
「高くなる」という
論文や研究結果なども出ております。


————————


そこで・・・


小中学生のスポーツ指導で大切なことは
「自己決定能力」の向上です。




聞き慣れない言葉かもしれませんが
「自己決定能力」とは
自身に必要なことを自ら考えて
自身で決断(=判断)できる能力です。


周り(親・指導者・友達etc)から
自身の取り組みの方向性が
左右されてしまうのではなく
自発的にスポーツを楽しむ姿が
まずは一番に重要であるということです。





このような「自己決定能力」は
スポーツを一日も長く続ける為の
モチベーションUPに必要不可欠であり
社会に出た時も十分に発揮されるかと…。


そして・・・


「競技力向上」は二の次。
長い目(将来)を見据えながら
笑顔で身体を動かせる環境を
常に用意してあげたいと考えております。


————————


いよいよ、春の運動会シーズンです。


日頃の練習の成果を発揮できるように
楽しく取り組んで行きましょう。


————————


以下のランニングプログラムを
毎週金曜日と土曜日に開催しております。


ランニングスクール柳島(毎週金曜日)
馬入かけっこ教室(毎週土曜日)


一人でも多くの子たちと
「走ること」を
楽しんで行きたいと考えております。


★ご参加をご希望される方は
『予約サイト』よりお申し込みください。


————————


こちらのサイト内では
日々の活動などを発信しております。


ご相談などあれば
お気軽にお問い合わせください。


ご精読ありがとうございました。


それでは
次回のブログでお会いしましょう。


NEW POSTS

  • 2024.05.23 (Thu)

    2024全日本大学選抜トライアスロン大会が開催されました。

  • 2024.05.08 (Wed)

    【お知らせ】日体大トライアスロン部コーチの一日を掲載中です。

  • 2024.04.29 (Mon)

    本日、35歳の誕生日を迎えました。