EMU WAKASUGI OFFICIAL SITE

BLOG

活動報告

2022.10.13 (Thu)

2022日本トライアスロン選手権が開催されました。



こんにちは。


若杉恵夢オフィシャルサイトへ
ご訪問いただきありがとうございます。


————————


先日、国内最高峰のレースである
日本選手権(東京港)が開催されて
日本体育大学トライアスロン部から
「全3名」が出場いたしました。


大会開催に向けてご尽力いただきました
大会関係者・ボランティアの皆さま
多くの方たちに心より感謝いたします。


————————


日本選手権の聖地と言えば「お台場」。
そして「日本一を決める大舞台」。
お台場での開催は二年ぶりであり
いつ来ても様々な興奮が蘇る場所です。




今年の日本選手権は
出場基準が見直しされた関係もあり
例年以上に出場が厳しくなりました。
更にはパリオリンピックを目指す
有力選手たちが海外遠征中で不出場。




出場者が少ない中での開催でしたが
同等の力を持った選手が集まることで
白熱したレースが繰り広げられました。


————————


結果は以下の通りです。


▼男子
19位 福島 旺(3年)
得意のスイムで出遅れてしまい
終始苦しい展開となりましたが
まずは一つの目標であった
「お台場で初完走」できたことは
本人にとって、自信となったでしょう。





DNF 花岡 秀吾(4年)
学生生活最後の日本選手権。
バイクパートで周回遅れとなりDNF。
悔しい気持ちを押し殺して
会場へ戻ってくる姿はさすが副主将。
後輩たちへ良い刺激を与えてくれました。





▼女子
6位 池口 いずみ(4年)
見事に「6位入賞」。
自身のベストリザルトを塗り替えて
U23アジアチャンピオンとして
最後まで粘る姿を披露してくれました。
日体大の歴史としても快挙となります。





————————


冒頭でも書いたように
同等の力を持った選手が集まることで
一瞬のミスさえ許されないレースでした。


特にこの舞台に立つ選手たちは
年齢関係なく強さ(タフ)を持っており
大きなレベルの差を強く感じたでしょう。


男子で優勝した小田倉真選手
日体大トライアスロン部の卒業生です。
東京オリンピックにも出場しております。


(写真提供:JTU公式サイトより)


高校時代まで競泳出身の選手でしたが
現在の得意種目は「ラン」。
合宿中にも関わらずさすがの走りでした。


先輩たちが輝く姿に続いて
今後も挑戦者として挑みたいと思います。


————————


現在のトライアスロン部は
今週末に渡瀬遊水池で開催される
「日本学生スプリント選手権」に向けて
最終調整を行なっております。


4年生たちの引退レースでもある為
「全員が笑顔で終わること」を
最大のテーマとして
インカレの悔しさを晴らしたいです。




当日は部の公式インスタグラム
ライブ配信を予定しております。
是非、ご覧いただけると幸いです。


応援のほど、よろしくお願いいたします。


————————


以下の「サイト・SNS」では
日本体育大学トライアスロン部の
活動などを定期的に発信しております。


公式サイト(Blog)
公式インスタグラム


公式インスタグラムでは
DMなども受け付けております。


ご興味・ご相談などあれば
どうぞお気軽にお問い合わせください。


————————

ご精読ありがとうございました。


それでは
次回のブログでお会いしましょう。

NEW POSTS

  • 2022.12.03 (Sat)

    2022湘南ひらつか駅伝を開催いたしました。

  • 2022.11.21 (Mon)

    第2回 湘南ベルマーレALL OUT RUN チャレンジ2022を開催いたします。

  • 2022.11.11 (Fri)

    幼少期のトライアスロンから学ぶ「状況判断力」とは・・・