EMU WAKASUGI OFFICIAL SITE

BLOG

スクール紹介

2022.04.21 (Thu)

子供たちの成長を感じる瞬間とは・・・



こんにちは。


若杉恵夢オフィシャルサイトへ
ご訪問いただきありがとうございます。


————————


国内のトライアスロンシーズンが
4月17日(日)より開幕いたしました。


少しずつ社会情勢が落ち着き始めたので
今年度は大会が沢山開催されるでしょう。


私が指導している子供たちも
来月から始まる大会・記録会に向けて
変わらず元気に過ごしております。


————————


以前にもご紹介いたしましたが
私の指導では「タイム計測」
を必ず取り入れるようにしております。




正直、トライアスロン競技は
各種目(3種目)の自己ベストタイムが
大会結果へ直結する訳ではありません。


そういった中であっても
「定期的な計測」を繰り返すことで
成長を数値で表すことができるからです。


そこで・・・


先日のトライアスロン教室でも
「1kmタイム計測」を行いました。




バイク練習を行った後なので
疲労感が残った状態ではありますが
大会に近い緊張を味わえたと思います。


————————


結果はそれぞれですが
全員が持っている力を出し切り
日々の成長などを感じられる瞬間でした。


特に先頭の中学生は「2分51秒」。
目標タイムまで「あと1秒」でしたが
2位の中学生と競り合う姿は
とても素晴らしい光景だったと言えます。


その他にも・・・


☑︎20秒以上ベストを更新した小学生
☑︎泣きながら最後まで走り切った男の子
☑︎最終走者を拍手で出迎える雰囲気


計測終了後は緊張が解けて
みんな「笑顔(安堵感)」たっぷり!!!


計測して良かったと思える雰囲気を
子供たちが自然と作り出してくれます。


————————


”スポーツを楽しむ上で
競技力(結果)が全てではない”
私が親御さんや子供たちへ
日頃から口酸っぱく伝えている言葉です。


競技力(結果)ばかり気にすると
周りの子供たちと比較してしまい
ネガティブ習慣が身に付いてしまいます。






長い目で物事を考えると
幼少期の習い事(特にスポーツ)は
些細な成長を肌で感じることが大切です。


些細な成長に気付いてあげることは
指導者としてとても重要な役割なので
常に私も子供たちの「言動・表情」に
アンテナを光らせながら接しております。


特に私の各教室へ通う子供たちは
人として可能性を秘めていると感じます。




年齢関係なく「成功体験」を積み重ねて
今後も楽しく頑張って行きましょう!!!


応援のほど、よろしくお願いいたします。


————————


毎週日曜日に馬入ふれあい公園にて
トライアスロン教室を開催しております。


一人でも多くの子たちと
「充実感・達成感」を
共有できる環境作りを心掛けております。


★ご参加をご希望される方は
『予約サイト』よりお申し込みください。


————————


こちらのサイト内では
日々の活動などを発信しております。


ご相談などあれば
お気軽にお問い合わせください。

ご精読ありがとうございました。


それでは
次回のブログでお会いしましょう。





NEW POSTS

  • 2022.11.21 (Mon)

    第2回 湘南ベルマーレALL OUT RUN チャレンジ2022を開催いたします。

  • 2022.11.11 (Fri)

    幼少期のトライアスロンから学ぶ「状況判断力」とは・・・

  • 2022.10.27 (Thu)

    2022日本学生スプリントトライアスロン選手権(チームT.Tの部)が開催されました。