EMU WAKASUGI OFFICIAL SITE

BLOG

活動報告

2020.10.20 (Tue)

2020年代別日本トライアスロン選手権が開催されました。



こんにちは。


若杉恵夢オフィシャルサイトへ
ご訪問いただきありがとうございます。


先週末は岐阜県にて
年代別日本選手権が開催され
出場選手たちの応援に行ってきました。


コロナ禍で厳しい状況の下
大会開催に向けてご尽力いただきました
大会関係者・ボランティアの皆さま
多くの方たちに心より感謝いたします。


本当にありがとうございました。


————————


全国規模となる唯一の大舞台
基準を満たす選手のみ出場ができる
年代別の日本一を決める大会です。


私が指導を行っている
安西琴美と豊川絵子の2名が出場


日本体育大学から
5名の選手が出場いたしました。


その他にも
大学のスポーツ推薦選考も兼ねており
入学希望の選手の視察も行ってきました。


————————


結果は以下の通りです。


▼U15選手権(女子)
11位:豊川 絵子/湘南白百合学園


▼U19選手権(男子)
2位:福島 旺/日本体育大学
6位:山本 築/日本体育大学


▼U19選手権(女子)
3位:安西 琴美/日本大学藤沢高等学校


▼U23選手権(男子)
8位:甲斐 瑠夏/日本体育大学
10位:小川 颯斗/日本体育大学


▼U23選手権(女子)
7位:池口 いずみ/日本体育大学


————————


朝から冷たい雨が降り続き
厳しいコンディションとなりました。


特に印象に残った出来事は


トライアスロンを初めて7ヶ月
無名選手である安西琴美が3位入賞


私が指示した通りのレース展開を守り
期待の新星として
名を刻むことができました。


————————


大会中、様々なトラブルがあり
悔しさが残る選手も多かったでしょう。


「経験によって結果が左右される」


経験値が増えることで
成長する競技でもあり
貴重な一日になったと思います。


学生スポーツは結果が全てではなく
大会までの過程などを通じて
人間性・社会性を養うことが大切です。


そんなことを私は常に考えております。


————————


こちらのサイト内では
日々の活動などを発信しております。


ご相談などあれば
お気軽にお問い合わせください。


ご精読ありがとうございました。


それでは
次回のブログでお会いしましょう。


NEW POSTS

  • 2022.12.03 (Sat)

    2022湘南ひらつか駅伝を開催いたしました。

  • 2022.11.21 (Mon)

    第2回 湘南ベルマーレALL OUT RUN チャレンジ2022を開催いたします。

  • 2022.11.11 (Fri)

    幼少期のトライアスロンから学ぶ「状況判断力」とは・・・